TOPページ会社概要会社概要採用情報お問い合わせ
 
技術部
技術部は、国土交通省及び東京都の各事務所が発注する公共工事の発注者支援業務、公物管理業務及び行政事務補助業務を行っています。

道路・橋梁・トンネル・河川・建築工事等の工事監督支援業務
工事受注者への指示等に必要な資料の作成、工事受注者から提出された書類の照合、設計変更等に必要な資料の作成及び現場状況の把握等を行う監督補助業務です。工事に関連する設計・施工条件や関係機関との調整・協議の内容を的確に把握・反映できるよう業務を実施することが重要なポイントです。

工事監督支援業務1
工事監督支援業務2

事業計画・工事発注計画等に係る調査設計資料作成業務
各種事業に基づく工事発注計画に関する資料作成、関係機関との協議に関する資料作成、各種調査調査に関する資料作成、各種設計に関する資料作成、予算要求に関する資料作成などの行政事務補助業務です。また、公共工事のコスト縮減や品質確保を目的とした新技術情報提供システムに関する業務も実施しています。
調査設計資料作成業務2
調査設計資料作成業務2

道路利用等の許認可に係る道路許認可審査・適正化指導業務
道路許認可申請書類の受付・審査、境界調査・立会及び不法占用等における指導取り締まり等の補助を行います。円滑な道路行政手続きによる適正な道路利用と管理を推進し、交通の危険防止や快適な道路交通を確保します。申請者には中立・公平性の立場で対応し、書類処理の迅速化と正確性が求められます。

道路許認可1
道路許認可2

工事実施の施工プロセス検査業務及び施工体制調査業務
施工プロセス検査業務は工事の施工状況の確認を施工プロセスチェックにより実施することで品質確保への取り組みを強化するものです。施工体制調査業務は工事の現場において監理技術者の専任制の把握等を点検し現場の適正な施工体制の確保と適切な工事実施を図ります。 
     
施工体制調査業務2

河川管理に係る河川巡視支援業務
河川事務所管内の対象区域を定期的に巡視することにより、違法行為の発見、河川管理施設等の維持状況の確認、河川空間の利用及び自然環境に関する情報収集を実施し、河川管理者が河川の適正な管理を図るために必要とする河川巡視の支援を行います。

河川巡視支援業務1
河川巡視支援業務2

公共工事に係る積算技術業務
公共工事の発注に伴う、予定価格算出の補助及び設計図書の作成とりまとめを実施するもので、積算に必要な現地調査の実施、工事発注図面及び数量総括表(数量計算書)の作成、積算資料の作成(施工計画、工程計画の検討・使用材料、施工方法等の条件の抽出整理)、積算システムへの積算データ入力などが主な業務内容です。

河川巡視支援業務1
河川巡視支援業務2

【受注先】
・東京国道事務所・関東技術事務所・千葉国道事務所・川崎国道事務所・相武国道事務所・横浜国道事務所・大宮国道事務所・常総国道事務所・荒川下流河川事務所・江戸川河川事務所・下館河川事務所・甲府河川国道事務所・首都国道事務所・東京都建設局

【優良業務及び優秀技術者表彰受賞】
 ・H20大磯出張所工事管理業務
 ・平成21年度関東技術事務所調査設計資料作成業務
 ・千葉国道調査設計資料作成業務22G
 ・H25横浜国道施工プロセス検査・施工体制調査業務
 ・千葉国道道路許認可審査・適正化指導業務25J2

各部署の業務内容・実績等のご案内
技術部 事業部 設計部 業務管理部

 
 
| TOPページ | 会社概要 | 事業内容 | 採用情報 | お問い合わせ |
沖昌エンジニアリング コピーライト